いぼ(イボ)痔で、ビックリの鮮血量!:いぼ痔治療ナビ

いぼ(イボ)痔で、ビックリの鮮血量!

いぼ痔治療
ある程度、いぼ痔が大きくなってくると自覚できる症状が現れています。 程度にもよりますが、激しい状態を引き起こすことがあります。 主な症状は出血で、排便時に真っ赤な血が便器を染めるのが特徴です。 これはいぼ痔出来た血管が破れて出血するためです。 普通の静脈にはもっと黒ずんだ血が流れているのですが、痔の血管は動脈と静脈が密につながっているので、静脈の中にも他の部分に比べて、さほど黒ずんでいない赤い血が流れています。 これが流れ出してくるので、真っ赤な血に見えるというわけです。 時折、軽い痛みを感じることがありますが、そう強いものではありません。 症状が悪化してくるといぼの脱出である脱肛が現れてきます。 イボ痔治療法 これはいぼ痔が次第に大きくなっているために起こる症状です。 脱肛がひどい場合には、肛門まわりの皮膚の一部が裂けたり、傷ができて痛みを感じるようになります。 しかし、脱肛の症状が強くなると、いぼ痔は硬く変化し返って出血が減ってくるという特徴があります。 ちなみに、出血の程度は、紙につくくらい、ポタポタと落ちる、シューっとでるという具合にひどくなっていきます。 シューっとでる時には、あまりの血の出方にビックリされる方が結構おられるようです。

原因と理由

Sponsored Link

Sponsored Link

検索

いぼ痔について

いぼ痔

いぼ痔は痔核とも呼ばれ、お知りの血のめぐりが悪いために、血管の一部がこぶ状になったものです。いぼ痔には内痔核と外痔核の2種類があり、痔のなかでは内痔核がもっともポピュラーです。

サブコンテンツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。