気になる痔の手術って?:いぼ痔治療ナビ

気になる痔の手術って?

いぼ痔治療
痔の手術は、通常うつ伏せで行うことが多いのですが、場合によっては、上向きや横向きで行うこともあります。 手術中は麻酔が充分に効いているので触る感じはありますが、痛みはまったくありません。 2時間ほどで麻酔が切れてきますので、数日間は多少の痛みがありますが、痛み止めの内服薬や注射でかなりやわらぎます。 手術の時間は、手術方法や程度によって異なりますが、大体15分から40分くらいかかるといわれています。 手術方法はいろいろありますが、痔核根治術、痔ろうの解放術やくりぬき術、裂肛の内括約筋側方切開術や皮膚弁移動術、直腸粘膜脱のPPH法、直腸脱の粘膜縫縮術、括約筋形成術などが行われています。 以前の手術方法では、括約筋をほとんど、または完全に切ってしまっていましたが、最近では括約筋の状態がよく研究されていて、 イボ痔治療法 括約筋を少しでも切らないですむような手術方法が工夫されています。 それに、以前に古い方法の手術を受けて、括約筋が切れてしまっている場合でも、括約筋形成術を行うことによって、完全に元通りにはならなくても、日常生活には支障ない程度には改善が可能になってきているようです。 それから、近年、麻酔の進歩にともなって、あらゆる年齢の手術が可能になってきています。 幼児については、全身麻酔によって眠らせた状態で、比較的安全に短時間で手術ができるようになりました。 また、老人においても、手術前に充分に全身状態を調べたうえで、必要な治療を行った後に手術しるので、従来に比べると、危険性はけた外れに少なくなっています。

治療と効果

Sponsored Link

Sponsored Link

検索

いぼ痔について

いぼ痔

いぼ痔は痔核とも呼ばれ、お知りの血のめぐりが悪いために、血管の一部がこぶ状になったものです。いぼ痔には内痔核と外痔核の2種類があり、痔のなかでは内痔核がもっともポピュラーです。

サブコンテンツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。