病院選びが痔の治療を変える:いぼ痔治療ナビ

病院選びが痔の治療を変える

いぼ痔治療
痔を治療する病院にはいくつかのタイプがあります。 第1は近くのかかりつけの内科医にまず診てもらい、適当な内服薬や軟膏・座薬をもらったり、専門医を紹介してもらう方法です。 第2に一般の外科に相談する方法です。 ただし肛門科領域は不得手な先生が多いのが現状です。 第3に肛門科で開業している病医院で診てもらう方法です。 専門の先生がいることの確認もありますが、入院施設の無い所も多いので注意が必要です。 第4に大腸肛門科といわれる大腸と肛門病の両方にわたって治療している施設があります。 ここには入院施設があり、専門医がおりますので、手術を受けられる際に安心です。 手術法も近年改良されてきていますので、新しい方法を勉強していて、充分に説明してくれる先生のところで治療を受けられたほうがいいと思います。 日本大腸肛門病学会という専門医の集まりがありますので、この会に加入している先生ならいちおう間違いないと思います。 それから病院へ行くとすぐに手術かな?と考えてしまいがちになりますが、決してそんなことはありません。 病院での痔の治療法として手術と薬物療法の中間に位置するのが外来処置です。 イボ痔治療法 外来で処置を行うので、そのあとすぐ帰ることができ、日常生活には差し支えないのが普通ですが、なかには、手術を受けたその日だけは安静が必要であったり、2〜3日仕事を休む場合もありますので、事前に充分な説明を受けた下さい。 一般的に手術前には、患者さんの体の状態をよく把握したうえで手術をするかどうかの判断を下していきます。 検査結果で異常が見つかった場合は、その項目についてより詳しく検査し、影響がないようであれば手術を行います。 影響があるような場合は期間をおいてよくコントロールしてから手術を行います。 手術前の検査は、患者さんに安心して手術を受けていただくための当然の処置を行っています。

治療と効果

Sponsored Link

Sponsored Link

検索

いぼ痔について

いぼ痔

いぼ痔は痔核とも呼ばれ、お知りの血のめぐりが悪いために、血管の一部がこぶ状になったものです。いぼ痔には内痔核と外痔核の2種類があり、痔のなかでは内痔核がもっともポピュラーです。

サブコンテンツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。