いぼ痔は段階毎に酷くなる:いぼ痔治療ナビ

いぼ痔は段階毎に酷くなる

いぼ痔治療
いぼ痔には、症状の度合いによってT度からW度までの4段階に分類されます。 T度は、排便時に出血するが、脱出しないものです。 いぼ痔(内痔核)の粘膜や結合織まだやわらかい状態で、いぼ痔そのものも血液がよどんでいるだけで、ブヨブヨした状態です。 そこに排便時のいきみが加わると、内痔核がふくれ上がり、硬い便がぶつかることによって、内痔核をとり囲んでいる粘膜が裂けて出血します。 出血の程度は、トイレットペーパーにつく程度のものから、血液がシューッとほとばしる「先走り」までさまざまです。 しかし、ふつうは、排便が終われば出血はおさまります。 U度は、排便時に脱出するが、排便が終わると自然に戻る症状です。 いぼ痔が大きくなり、排便時のいきみで痔核が肛門の外に脱出(脱肛)してきます。 いぼ痔が出たり入ったりしているうちに粘膜が厚くなり、結合織も多くなってくるので、だんだん裂けにくくなり、T度のときより出血量が減ることもあります。 排便が終わるといぼ痔は自然に戻ります。 V度は、排便時に脱出し、指で押さないと戻らない状態の症状です。 いぼ痔がますます大きくなり、指で押さないと肛門内に戻らなくなります。 また戻し方が悪いと、一部が脱出したままとなり、うっ血して痛みが出たり、押し込むときに出血したりします。 排便時だけでなく、ゴルフの最中や重いものを持ったりすると脱出することもあります。 W度は、排便に関係なく脱出しっぱなしになる状態を指しています。 イボ痔治療法 いぼ痔を手で戻してもすぐに出てきて、いつも出っぱなしの状態になります。 1個のいぼ痔がでることもあれば、3個、4個と出てくることもあります。 また、脱肛の粘膜も痔核に引っ張られて出てきます。 こうなると、便がちょっとしたことで流れ出し、肛門のまわりを汚すことになります。 お尻がジクジクとして、肛門の周囲の皮膚がかぶれたり、強いかゆみが出たりします。 以上の4段階のうち、T度、U度ではライフスタイルを改善して適切な治療をすれば、手術する必要はほとんどありません。 しかし、V度を越えると手術になることもあります。

原因と理由

Sponsored Link

Sponsored Link

検索

いぼ痔について

いぼ痔

いぼ痔は痔核とも呼ばれ、お知りの血のめぐりが悪いために、血管の一部がこぶ状になったものです。いぼ痔には内痔核と外痔核の2種類があり、痔のなかでは内痔核がもっともポピュラーです。

サブコンテンツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。